情報掲載する ヘルプ 新規登録
トップページ | 本田 季伸
本田 季伸
query_builder公開日|2015/01/25 insert_chart閲覧数|2575
sendコンタクトを取る
メールは本田 季伸さんに直接送信されます。
※営業・勧誘目的の一歩的な内容の送信は一切禁止です。またお問い合わせの内容によっては、返信がされない場合があります。予めご了承ください。
more_horiz 自己紹介 業務内容 求める人物 プロフィール 著書

自己紹介

プライドワークス株式会社 代表取締役CEO
連続起業家、著者
<略歴>
1972年生まれ。茨城県日立市出身。東京都新宿区在住。
千葉商科大学 商経学部 経済学科卒業。

<プロフィール詳細>
日本食研株式会社を経て、25歳で起業。これまでに自身で複数の会社を代表取締役兼ファウンダーとして創業する。
1997年の起業当初は、新宿の高田馬場でWEB制作事業からスタートし、その後、インターネット事業プロデュース会社として、日本初の事業であることにこだわり、クーポン専門サイト、地域コミュニティサイト、出前専門サイト、チケット共同購入サイトなど、数々の専門・特化型ポータルサイトを立ち上げる。

クーポンサイトの運営時にバーコードを電子化し、クーポンやチケットとして携帯電話の画面上に表示するアイデアを考案し、特許を取得するともに事業化を推進。2002年に業界で初めて、「携帯チケット」のソリューションを開発。KDDIと共同で歌手の矢井田瞳のコンサートでモバイルチケット入場を実用化させ、電子チケット事業のパイオニアとして一躍注目を浴びる。

その後、自ら発明者となり「携帯チケット」関連分野の特許権を20件以上出願し、複数の特許権を取得する。サービス領域としては、電子チケットの発行管理システムだけでなく、流通業向けモバイルポイントソリューションや施設向け入退場管理システムなど、画期的なシステムを業界他社に先駆けて展開する。

2012年に「かんき出版」より初出版。書籍の内容としては、古今東西の偉人・賢人たちの名言を厳選し、起業家の視点から独自の解説を加えた構成。『賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉』、『賢人たちに学ぶ 自分を磨く言葉』、『賢人たちに学ぶ 自分を超える言葉』の3部作になる。読者層としては、スタートアップの起業家や中小企業経営者、著名アスリートなどからも支持される。その後、韓国語に翻訳され、Kindleで電子書籍としても販売。シリーズ累計販売部数は75,000部を超える。

この本が売れたことが契機となり、起業家として複数の会社の新規事業の立ち上げの過程で、「多くのメンターに支援を頂いたお蔭で救われた」という自ら経験を振り返り、過去の偉人ばかりでなく現代に生きる賢人たちをベンチャー起業家に「経営顧問」として紹介し、「顧問と共にベンチャー企業の経営の限界突破サポートできる新しい仕組みを作りたい」という想いに駆り立てられる。

2013年4月、大手企業を60歳前後で定年退職したエクゼクティブシニアを中心に、国内外の一流の賢人たちをネットワークし、顧問のプロフィールを見える化した業界初の顧問契約マッチングサイトを立ち上げる。そのサービス名は、書籍のタイトルから名前を取った「KENJINS//ケンジンズ」という名称にする。

2014年8月、連続起業家として自らに課した「経営課題のブレイクスルーを目指す多くの中小・ベンチャー企業の成長を後押しする」ために短期間で株式公開するというミッションを果たすべく、新たにプライドワークス株式会社を設立する。

日本最大級の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」を立ち上げる。中小・ベンチャー企業の「営業・販路開拓、海外進出・グローバル展開、新規事業立ち上げ、広報・PRサポート、インターネット集客など」の経営支援を行っている。

業務内容

日本最大級の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」運営
経営顧問によるコンサルティング・実行支援サービス

業務実績

【新規事業立ち上げ】
・モバイルチケットのビジネスモデルをゼロから考案し、20件以上の特許権を発明し複数の権利を取得。
・世界で初めてチケットレスシステムを構築し、KDDIやNTTドコモ等の大手通信キャリアで利用される。
・イベントチケット販売システムを構築し、東京ビックサイトやオリックスのイベントに導入される。
・有料喫煙所向けに、業界初の入場ゲートと連動した有料チケット販売システムを構築し3店舗に導入する。
・日本最大級の顧問契約マッチングサイト「KENJINS」を立ち上げ、5000人を超える経営顧問をネットワーク。

【営業・販路開拓】
・大手ITベンダーからの要望で、新規取引したい年商50億以上の会社の500社の役員クラスとの面談設定をセールスレップの手法を駆使し80%獲得する。
・某ミドルウェアの開発会社の売上拡大のため、大手広告代理店と大手印刷会社との戦略的なアライアンスを推進しすることで1年で売上を30倍にさせる。
・企業研修会社1社に対して30人の営業顧問を30日でネットワークし、6ヵ月で200社の新規取引を実現する。

【資金調達】
・投資家向けの事業計画書を作成し、大手VCや一部上場企業などから第三者割当増資で総額3億円の資金調達。
・資本政策の策定、ストックオプションの発行、転換社債の発行など様々な手法でのファイナンスみを経験。
・モノ作リ補助金の事業計画書を作成し事務局に申請を行い満額となる、1000万円の補助金の獲得に成功。
・国民生活金融公庫向けの事業計画書を作成し、長期の弁済で3000万円の事業資金の融資実行を実現させる。

【マーケティング】
・「賢人たちに学ぶ 道をひらく言葉」を初出版し、1年で3部作になり75000部の発行部数をなり、経営者兼ベストセラー作家としてのパーソナルブランドを築き上げる。
・WordPressによる複数のオウンドメディアを構築し、コンテンツマーケティングを駆使することでSEOを強化し、わずか1年で毎日5件の新規問い合わせが来る集客の仕組みを構築する。

【広報・PR】
・新規事業立ち上げのプレスリリースを作成し、日本経済新聞、日経産業新聞の1面に無料で掲載される。
・業界初となる新規プロダクトを開発し、ワールドビジネスサテライトやNHKからテレビ取材を受ける。

【コンテスト受賞】
ビジネス界のアカデミー賞と称される「スティービーアワード/StevieRAwards」が開催した「第14回 国際ビジネス大賞」で「2017年度、世界で最も革新的な企業部門/従業員100人まで」において、ブロンズ賞を獲得。

国際ビジネス賞は、スティービーアワードの中でも最難関の賞で、世界60ヵ国以上の「革新的な新規事業開発に取り組むイノベーション企業」従業員100名以下の企業部門で3900を超える応募企業の中から、世界中の200人以上の審査員による2ヶ月以上の厳正な審査期間を経ての受賞となった。

※スティービーアワード日本での受賞企業は、SONYなど1部上場企業数社を除いてはほとんどありません。

求める人物

◆一部上場企業の役員クラスや仕入れのキーマンと商談したい社長
◆大手企業や大口販路を開拓したい中小・ベンチャー経営者
◆大手企業と戦略的な提携したい中小・ベンチャー経営者
◆海外進出で商品やサービスを販売したい中小・ベンチャー経営者
◆新規事業の立ち上げを加速させたい中小・ベンチャー経営者

プロフィール

  • 業種
    通信・IT
  • 電話番号
    03-3565-6511
  • FAX番号
    非公開
  • Webサイト
  • 生年月日
    1972-03-07
  • 出身地
    茨城県
  • 特技
    ゴルフ、テニス、スポーツクラブ。
    映画館での最新映画の鑑賞。
    ビジネス書を読むこと。
  • 座右の銘
    「我々にとって最大の栄光は、一度も失敗しないことではなく、
    倒れるごとに必ず起き上がったことにある。」
    <ゴールド・スミス>
  • 好きな雑誌
    プレジデント
  • 好きな本
    リーダーになる(ウォレン・ベニス )
    7つの習慣(スティーブン・R・コヴィー )
  • 好きな映画
    スターウォーズ
  • 好きな人物
    スティーブ・ジョブズ

著書

Biz info新着ビジネス情報