代表者メッセージ

1人でも多くの人に価値ある出会いを。

交流会主旨

フレンドリンク異業種交流会は2001年から開始し、約10年が経ち 現在では東京、大阪を中心に全国約15都市で交流会を開催、これまでに延べ4万人以上の方にご参加頂くまでになりました。

その間、フレンドリンク異業種交流会では
「人脈作りのための出会いのきっかけの場」を一貫して目指してきました。
そもそも、交流会を立ち上げるにあたり、人脈作りのためにもっとも重要なことは「まずは出会う」ことであると考え、 「出会う」ことにフォーカスを置いた交流会を考えました。

皆さん同士の“つながり”全てを私たちが築いていくなどということは不可能です。
それよりも“出会う場”“出会う機会”さえ提供すれば、必要な人同士はつながりあい、 そこから生まれる成果や価値は私たちの想像もはるかに超える大きなものになるだろうと思っています。
そういう意味で、当交流会ではともかくシンプルにかつ効率よく出会える場としての存在意義を第一に考え運営を行っております。

なぜ交流会を立ち上げたのか?

もともと自分の中で「出会いの重要性」を感じていました。
たった一つの、ほんの一瞬の偶然のような出会いが、実は人生を大きく変えてしまうような出会いであることがあります。 その「出会い」を1つでも多く生み出すようなことができたなら、そしてその出会いから1人でも多くの方に喜びを提供できるなら、 それほど嬉しいことはない、このような思いから交流会をスタートさせました。

もうひとつは単純に2001年当時、このような交流会がほとんどなかったこと。
もちろん「異業種交流会」と呼ばれるものはありました。
それは商工会議所や青年会議所(JC)などに代表されるような、ある組織や団体に所属することが必要であったり、 またそこからの繋がりであったりするクローズな会合で、どちらかというと「懇親会」的な要素が強いものでした。

私が求めたのはそういう場ではなく、もっと「オープン」で、「しがらみのない」場で、「誰かと知り合いたい」と 思ったときに気軽に参加でき、サクサクと新しい人と出会える、そんな場が必要なのではないかと思っていました。 この思いは今でも交流会の運営スタイルにも強く影響していると思います。

交流会運営ポリシー

既に述べましたが、もっとも重視していることは“出会いの場”であることです。 ですので、最大の目的は“ひとつでも多くの出会いを生みだす”こと。
参加されている皆様は忙しい時間を割いて来られているわけですので、できるだけ無駄な時間を排除し 効率よく人と出会えるように心がけています。

同じ会場に居合わせていても、会わなければ何も生まれません。 逆にほんの一瞬でも話をし、出会ってさえしまえばそれは将来の人脈の第一歩となる可能性が生まれます。
このフレンドリンク異業種交流会を通じて、1つでも多くの「価値ある出会い」がありますことを、 心から願っております。

株式会社アクセルメディア代表取締役 諏訪 功

諏訪功 執筆書籍

仕事もお金も情報もみんな「人」からやってくる! 普通の人が人脈を作る方法。
異業種交流会の活用法・実践法も満載!
日本最大級の異業種交流会の主宰者が語る価値ある人脈の構築術! 詳細はこちら