ワンランク上を目指すビジネスパーソンのための1UPコラム

トップぺージ > 1UPコラム > ご先祖様

1UPコラム

ご先祖様2018/08/07

view 1895
ご先祖様


美味しい煮込みラーメンを出す中華料理屋が新橋にある。

平日はどの時間帯も満席で、待たないと入れない。

私は食事の前に列んだりするのが苦手だから、

店の前はよく通るが、まだ食事をとったことがなかった。

この週末、早めに仕事を切り上げて寄ってみた。

ラッキーだ。並ばずに入れた。

注文し、氷水を飲む。

私は店内に大きな3枚の写真を見つけた。

飲食店ではあまり見かけない写真、店主の家族写真だ、

みな、良い笑顔だ。

幸福な家族。親子3代の写真。

店主が、家族を紹介している写真。

その右には、父親の家族の写真。

当然そこには店主の子供の頃が、兄弟たちと写っている。

そのまた右側にも、セピア色の祖父の家族の写真があり、父親の子供の頃が写っている。

店主から遡り、左から順番に3世代の家族の写真が、誇らしげに飾ってある。

私は嬉しくなった。

上手く言えないが、そんな感情である。

この一家はみな、凜としていて気持ちがよい。

どの子も姿勢がよく溌剌としている。

シナから日本に渡り、苦労が多かったと思う。

大陸には、祖父の兄弟らの家族がたくさんおられるであろうことも容易に想像できた。

人には家族があり、両親から生まれてくる。

私自身、縁が薄かった両親のことを想う。

私の両親にも両親がおり、その祖父らにも両親がいる。

いったいどれほどのご先祖様から、私は命を授かったのであろうか、

さらにその両親たちの両親らにも思いを馳せてみる。

大阪の、日本の、アジアの、アフリカの、ジャングルの、洞穴の、大木の上の、深海の、、、、

私という小さな存在は、自然の営みの偶然で降り立ったわけでなく、

ご先祖様から託された大切な命だと思う。

私は自ら掻き分けて、

この時代の、この場所に生まれたのだ。

最近、

涙腺が緩くなった私は目頭が熱くなった。

私の細胞のひとつひとつに刻み込まれた息吹に意志に血脈に、力強く生きなければならないと、

強く思った。

私を生かす、万人のご先祖様にもらったこの体を、この肉体を無駄にしてはいけない。

全力で生きなければ、ご先祖様に申し訳ない。

杏仁豆腐も注文した。

私は大昔のご先祖様を想う。

そして、

遠い未来の、まだ見ぬ子孫らに、

会いたくても絶対会えない1000年先の、

もはや人類ではないかもしれない私の遺伝子を持つ万人の子孫らに想いを馳せる。


もちろん、

煮込みラーメンも、杏仁豆腐も、

とても美味しかった。





保 喜博
執筆者:保 喜博株式会社テンプラス 代表取締役

はじめまして、テンプラスの保喜博(たもつ よしひろ)です。
東京、名古屋、福岡、沖縄の「フレンドリンク」でお会いした方もたくさんおられると思います。
お蔭様でフレンドリンクで交流会を主催し始めて16年目、株式会社テンプラスも19期目に突入しました。(2018年現在)
いつもありがとうございます。皆様には感謝しております。
そこで、交流会15年!会社経営18年!のキャリア?を活かして、起業と会社経営について、思うところをビシバシ書いていこう思います。

私は、大阪港区で100年つづく米穀商の3代目です。大学を卒業し、大手の総合小売業に就職しました。愛社精神の塊で、24時間365日走り続けた10年でした。仕事が楽しくて楽しくて、明るく元気な最高のサラリーマン時代を全国で過ごしました。
しかしながら、その会社の経営難もあり、退社をして大阪に帰りました。久しぶりに大阪の街を歩いてみると、商店街の2代目3代目の商店主は疲れきっているし、お店のシャッターがどんどん閉まっていくのを目の当たりにし、「この状況を何とかできないかな」と感じ、テンプラスを18年前に創業しました。

経営理念であります、ジモト還元!チイキ貢献!ビジネスをモットーに単純に儲けることだけを考えるのではなく、地域社会にどのような貢献ができるかという視点で、サービスをつくっています。
創業20年に向け、やはりテンプラスは、果敢に新しいビジネスにチャレンジしていきます。
コラムでも、よろしくお願い致します。

株式会社テンプラス
URL: http://tenplus.co.jp