トップぺージ > 1UPコラム > 海外不動産投資・運用の 合同会社 E&K 代表 中川恵理さんに伺いました

1UPコラム

海外不動産投資・運用の 合同会社 E&K 代表 中川恵理さんに伺いました 2022/04/25

view 4673
海外不動産投資・運用の 合同会社 E&K 代表 中川恵理さんに伺いました


 海外不動産投資と聞いたことはあるものの、実際にやるのは想像ができない…と思う方は多いと思います。

 そこで米国不動産売買管理を行っている、合同会社 E&K 代表 中川恵理さんにお話を伺いました!


アメリカの不動産を購入

 中川さんは横浜国立大学を卒業しアメリカに留学され、米国公認会計士(ワシントン州)の資格を取り、プライスウォーターハウスクーパース - PwCに勤務されました。

 また2013年に資産運用に関する本を多く書かれている著者の話を、本を読んだだけではなく聞くために、講座に足を運び、当時は今ほど知られていなかった海外不動産投資について、詳しく知ることができたということです。

 そして次の年の2014年には驚くような行動力で、中川さんご自身で、アメリカの不動産を購入され、その後売却し、またさらに縁があって、アメリカの別の地域の不動産を買われています。


徹底的に準備

 また最近ではアメリカの物価が上がっているので、思い切って所有されている物件のテナントの家賃を、現地の状況から交渉したところ、入っている人が出て行ってしまうのでは?といった心配はあったそうですが、約35%もの値上げに成功されたということです。

 そしてアメリカの現地の方々や、お客様とのやり取りをする時は「徹底的に準備する」とおっしゃっています。

 特に海外不動産投資はなじみがない場合が多いので、事前に調べられることは全てやり、打ち合わせでは提案をするようにして、相手の時間を取らせないようにしている、と話されています。


誰とチームを組むか

 そして過去にはリーマンショックという金融危機があったので、投資は絶対に値上がりするとは言えないということですが、情報はあり、信用がある人と一緒にやることや、誰とチームを組むかを重視されているそうです。

 また顧客になる方は一緒に仕事をした方などからの紹介が多く、最終的には自分が選ぶということですが、結果として顧客成約に至らなかったとしても、間に入った方がいないとそもそも始まらないので、紹介してくださった方を責めることはないと言われています。

 そして仕事環境については、コロナ禍が始まる前から場所に関係なくできるとして、地元でご家族や食事を大切にしており、またさらに多くの方々が、海外との取引ができるように後押ししたいということでした!

今回教えて頂いたのは

えりちゃん画像
合同会社E&K 代表 中川(大島)恵理さん

横浜国立大学卒業
アメリカに留学、米国公認会計士(ワシントン州)の資格取得
プライスウォーターハウスクーパース - PwCに勤務
2014年にアメリカの不動産を購入し海外不動産の運用を開始する。

https://www.facebook.com/eri.nakagawa.7374
(Facebookにログインしてからリンクをクリックして頂きますようお願いいたします。)












フレンドリンク 1upコラム編集部
執筆者:フレンドリンク 1upコラム編集部
「1up」コラムはビジネスパーソンにお役に立つ情報を掲載してまいります。

【フレンドリンク異業種交流会について】
フレンドリンク異業種交流会は「ビジネスパーソンの皆さんとって『価値ある出会いの機会を提供する』」ことをミッションに、2001年より異業種交流会を開催しています。
現在は東京、名古屋、大阪、札幌、福岡など全国の主要都市で定期的に開催、また経営者限定、女性限定、士業限定など様々なカテゴリーの交流会を開催、運営しています。
2019年の年間交流会開催数は906回。開催スタートから延べ75000人以上のビジネスパーソンに参加していただいております。
○フレンドリンク異業種交流会 公式サイト
https://friendlink.jp/

編集部おすすめ記事