トップぺージ > 1UPコラム > DX×ポータルサイト

1UPコラム

DX×ポータルサイト 2021/04/05

view 260
DX×ポータルサイト


 経済産業省はデジタルトランスフォーメーション(DX)を「企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること」と定義していますが、最近ニュースなどでDXについてよく聞くようになりました。


ポータルサイト×DX

 そこでポータルサイトに特化したWEBサイト制作をしている(株)アクセルメディアでは、ポータルサイトの運営などでのアナログな作業を少しでも効率的にして、DXを推進するお手伝いをご提案しております。


リモートワークに自動化

 例えばポータルサイトへ情報やコンテンツを、少ない手順で自動的にアップできるといったことです。サイトの更新は検索結果でホームページが表示される順位を上げるのに有効だと言われているので、更新作業が簡単にできることはとても重要になってきます。

 また自動化ということでは、顧客の属性に合わせてお礼やフォローアップメールなど、いわゆるステップメールの自動配信を受け取ったことのある方も多いと思いますが、会社の外にいる社員にも、データなどを決まった時間に送ることができると、新型コロナウィルスの影響でリモートワークが進み、情報共有のためにも必要になってきているかと思います。

 その他にもSNS投稿やメールマガジン送信に、さまざまなデータをコピーして手作業で記事を作成している場合もあると思いますが、それをSNS・メルマガ用にそれぞれの形式に合わせてテキストが出来上がってくるようにすると、かなり効率化がはかれます。


実際にこれらのシステムを使って

 実は私(このコラムの筆者)は今述べたシステムのほとんどを使って業務を進めております。
その中でも決まった時間に自動でメール送付する機能は、遠方や外出中の担当者に情報を送るのに非常に便利ですし、メルマガ作成では、前担当者はつくるのに手間がかかっていたと言っていましたが、今では必要なデータがワンクリックで抽出されるようになっており、メルマガの内容にかかる時間は何分の一にもなりました。

 そして送付したメルマガをご覧になって反応してくださるお客様もいて、成果にも繋がってきます。

 DXと聞くと大掛かりなことをイメージしがちですが、ポータルサイト運営はもちろん、日々の作業の効率化からも進めていけたらと思いました。


お問い合わせは
(株)アクセルメディア https://axel-media.com/

(経済産業省DXについて)
https://www.meti.go.jp/press/2019/07/20190731003/20190731003-1.pdf





フレンドリンク 1upコラム編集部
執筆者:フレンドリンク 1upコラム編集部
「1up」コラムはビジネスパーソンにお役に立つ情報を掲載してまいります。

【フレンドリンク異業種交流会について】
フレンドリンク異業種交流会は「ビジネスパーソンの皆さんとって『価値ある出会いの機会を提供する』」ことをミッションに、2001年より異業種交流会を開催しています。
現在は東京、名古屋、大阪、札幌、福岡など全国の主要都市で定期的に開催、また経営者限定、女性限定、士業限定など様々なカテゴリーの交流会を開催、運営しています。
2019年の年間交流会開催数は906回。開催スタートから延べ75000人以上のビジネスパーソンに参加していただいております。
○フレンドリンク異業種交流会 公式サイト
https://friendlink.jp/