トップぺージ > 1UPコラム > 両国国技館でリモートワークをしてみました!

1UPコラム

両国国技館でリモートワークをしてみました! 2021/10/01

view 425
両国国技館でリモートワークをしてみました!


 リモートワークをしていると、気分を変えるのに他の所でやろうかな?と思う時があると思います。

 そこで、大相撲が行われていた両国国技館で、リモートワークをやってみました!


両国国技館

 両国駅を降りると浴衣を着た若手力士が数人いて、早く見に行かなくては!という気持ちになるのですが、今はコロナ対策のため席で食事が出来ないので、「相撲茶屋 寺尾」でランチちゃんこを食べてから1時過ぎに国技館に行きました。

 そして中に入ると、通路にある売店の側に元力士が何人かいらっしゃって、記念撮影に応じてくれたり、話を少ししたりもできました。

 また席に着くと、土俵では力士たちの取り組みが始まっており、また観客の半分は女性といった印象で、和服を着た方もあちこちにいて華やかな雰囲気です。


Wi-fiは、ないです

 観客席ではipadのようなもの持っている人を見かけたので、さっそくパソコンを使おうと思い、Wi-fiが飛んでいるかを場内のスタッフに聞いてみると、残念ながらWi-fiはないということだったので、長時間動画を見る場合は、ルーターを持っていく必要があるようです。

 また解説を聞くためにラジオを聞くことはできなかったのですが、テレビはワンセグで見ることができ、しかしワンセグのアンテナを差し込むと、イヤフォンを差し込めないスマホを使っているので、取り組みの解説を字幕で見る、ということをしました…

 それから枡席という通常は4人程の席が仕切られている所にいたのですが、コロナ対応ということで4人席を2人で使うことができ、座布団に座って少しゆっくりとパソコンに入力をするといったこともできました。


波乱の展開

 しかしだんだんと取り組みが進んでいくと、気迫あふれる力士の動きや表情に、土俵から目が離せなくなり、また勝ち負けの行方がすぐに入れ替わることもあるので、パソコンを打つのはもどかしくなります。

 そのうえその日は横綱が負けるという波乱の展開もあり、そうこうしていくうちにあっという間に終わってしまって、太鼓がたたかれている音と共に、国技館を後にしました!


華やかな大人度    ☆☆☆☆☆
ネット環境度     ☆
勝ち負けが入れ替わる度☆☆☆☆☆






フレンドリンク 1upコラム編集部
執筆者:フレンドリンク 1upコラム編集部
「1up」コラムはビジネスパーソンにお役に立つ情報を掲載してまいります。

【フレンドリンク異業種交流会について】
フレンドリンク異業種交流会は「ビジネスパーソンの皆さんとって『価値ある出会いの機会を提供する』」ことをミッションに、2001年より異業種交流会を開催しています。
現在は東京、名古屋、大阪、札幌、福岡など全国の主要都市で定期的に開催、また経営者限定、女性限定、士業限定など様々なカテゴリーの交流会を開催、運営しています。
2019年の年間交流会開催数は906回。開催スタートから延べ75000人以上のビジネスパーソンに参加していただいております。
○フレンドリンク異業種交流会 公式サイト
https://friendlink.jp/

編集部おすすめ記事