トップぺージ > 1UPコラム > ワインのインポーターの株式会社エスタリコ・ジャパン 代表取締役社長 宮本章弘さんに伺いました!

1UPコラム

ワインのインポーターの株式会社エスタリコ・ジャパン 代表取締役社長 宮本章弘さんに伺いました! 2022/02/14

view 2775
ワインのインポーターの株式会社エスタリコ・ジャパン 代表取締役社長 宮本章弘さんに伺いました!


 ワインの買い付けを行って輸入・販売の会社を経営する、というとすごいな…と思う方もいらっしゃると思います。

 そこでスペインワインのインポーターをされている株式会社エスタリコ・ジャパン 代表取締役社長 宮本章弘さんに、お話を伺いました!


職人肌

 宮本さんは名古屋大学で航空工学を学び、卒業後は大手総合商社に入社、そしてご自身のことを「職人肌」とおっしゃるように、総合商社4社で、航空機リースの業務を担当されていました。

 ちなみに航空機リースとはボーイングやエアバスの旅客機を購入した上で、航空会社に一定期間リースするもので、リース期間が満了したらその航空機を売却する、もしくは他の航空会社にさらにリースする、といった運用を行いながら利益を狙う事業です。

 航空機を借りる航空会社にとっては、多額の資金を用意しなくても航空機を導入できるメリットがあり、また航空機を貸す側にとっては減価償却によって税の繰り延べ効果を得ながら、将来的には航空機の売却益も狙えるなど、航空機を貸す側、借りる側、双方にとってメリットのある事業です。

 この事業の成否の鍵は、投資対象として適切な航空機を、適正な価格で購入し、適正な条件で信用のおける航空会社にリースし、万が一航空会社が倒産した場合には速やかに航空機を取り戻した上で、これを売却したり他の航空会社にリースしたりするといったオペレーションをスムーズに遂行する能力の有無にあります。 

 航空機リースは欧米で生まれたビジネスで、そのノウハウも欧米の会社が独占しているのが現状で、宮本さんは欧米の会社と肩を並べるまでにそのノウハウを蓄積したいとの思いで業務に励んでいたということでした。

 しかし残念なことに、日本の大手総合商社でさえも、結果的にはこの事業から撤退するに至り、長年の思いが叶えられないという現実を突きつけられ、気が付けば54歳になり、その先の人生をどのように生きがいを持ちながら生きていこうかと考えた結果、独立という選択肢を選んだということです。


ワイン

 そこで、それまで30年間に亘って携わった航空機の仕事から一旦離れ、好きなワインの輸入販売を始めることにし、日本ではまだ紹介されていない、スペインのおいしいものを知って頂きたいとの思いから、2017年に会社を設立されました。

 そして地道にワイン会などを行い、ワインだけではなくスペインの文化についてのレクチャーも開催されていたのですが、軌道にのりかけたなと思った矢先に、コロナ禍になってしまった、ということでした。


パラレルワーカー

 そこでオンラインでスペインのワイナリーとつなぎ、生産者とワインを飲みながら通訳者を介して話ができる、といったイベントを試みました。

 また現在、株式会社エスタリコ・ジャパンさんのサイト限定で、すべての商品を通常価格より5%OFFにて購入することができ、その他にも、飲食店やレストランなどの法人・店舗向けに、売れた分だけお支払い頂く「置きワインサービス」も行っているそうです。

 そしてワインビジネスと並行して航空機リースのアドバイザーとしての仕事もされ、ワインビジネスとのパラレルワークによって、以前とは航空機リースへの違った思いもあるということです。


Ginza Six

 また3月30日までの3カ月間、Ginza Sixの地下2階特設会場に出店されており、会場ではスペインの食材や、モンテネグロ、モルドバのワインや、果物を使ったクラフトビールも販売されています。

 私(このコラムの筆者)もお薦めされたトマトソースを購入し、教えて頂いた通りに鶏肉を焼いて、買ったソースを乗せただけで、おいしい!家ではあまり食べられないような一品になりました!

今回教えて頂いたのは

宮本さん画像
株式会社エスタリコ・ジャパン
代表取締役社長 宮本章弘さん
https://www.estarico-japan.com/


Ginza Sixでの販売について(3月30日まで)
https://www.estarico-japan.com/?p=1632






フレンドリンク 1upコラム編集部
執筆者:フレンドリンク 1upコラム編集部
「1up」コラムはビジネスパーソンにお役に立つ情報を掲載してまいります。

【フレンドリンク異業種交流会について】
フレンドリンク異業種交流会は「ビジネスパーソンの皆さんとって『価値ある出会いの機会を提供する』」ことをミッションに、2001年より異業種交流会を開催しています。
現在は東京、名古屋、大阪、札幌、福岡など全国の主要都市で定期的に開催、また経営者限定、女性限定、士業限定など様々なカテゴリーの交流会を開催、運営しています。
2019年の年間交流会開催数は906回。開催スタートから延べ75000人以上のビジネスパーソンに参加していただいております。
○フレンドリンク異業種交流会 公式サイト
https://friendlink.jp/

編集部おすすめ記事