ワンランク上を目指すビジネスパーソンのための1UPコラム

トップぺージ > 1UPコラム > 婚活の成否を分けるのは“最初の選択”

1UPコラム

婚活の成否を分けるのは“最初の選択”2018/03/01

view 4586
婚活の成否を分けるのは“最初の選択”


婚活には色々な手段がありますよね。 
婚活サイト・婚活アプリ、婚活パーティー、大手企業運営の結婚相手紹介サービス、個人運営の結婚相談所などなど。
結果的に良いお相手と巡り会えて幸福になることが出来れば、手段は何であろうと構わないと思います。
ただ、時間は無限ではないですし、人間は年をとっていきます。婚活はやはり若い方が有利であることは否めませんので、出来れば効率良く進めていきたいところですね。
  
私は小規模の結婚相談所を運営しています。私のところに来られる方々の中に婚活初心者はほとんどいません。
皆さん何かしらの手段で婚活をしてきて良い結果が出ず、最終的にたどり着いたというような方々です。


婚活あるある

ここで一人の女性の例をご紹介します。(本人の了承を得ています)
38歳の時に「出来れば一生のうちに一度は結婚したいなぁ」と思い、婚活を決意。複数の婚活アプリに登録し、それと並行して婚活パーティーにも積極的に参加。それぞれで複数の男性とデートしたが、結婚の対象になるような男性には出会えず、中には「この人子供いる!?」というようなことも何度かあったそうです。 
その後某大手結婚相手紹介サービス会社に入会。「やっぱりある程度お金をかけないと、ちゃんとした人とは出会えないのかなぁ」と思ったそうです。約2年在籍し、それなりに良い男性もいたが結婚には至らず、その間に100万円近い金額を支払ったとのこと。 
そして「自分では気づいてないだけで何か欠陥みたいなところがあるのだろうか?」と思い、「アドバイスをくれるコーチみたいな存在が欲しい」と思って色々探した結果、私の相談所に入会されたのが昨年半ばのことです。
 
彼女は現在42歳です。これまでにかなりの時間、労力、お金を費やしてきましたが、未だ結婚には至っていません。
この話を聴いてとても不運で気の毒だと思われる方も多いかもしれませんが、彼女のようなケースは婚活の世界では実は“あるある”です。俗に言う「婚活難民」の典型です。


婚活難民にならないために

このパターンに陥らないためには、変えるべき重要な点があります。
 
それはズバリ“順番”です!

彼女の場合は、ネット婚活と婚活パーティー⇒大手結婚相手紹介サービス会社⇒個人運営の結婚相談所の順番で活動してきました。
 
  私の考えでは婚活に恋愛経験は関係ありませんので、恋愛経験が豊富な人でも経験が全く無い人でも、婚活を始めた時は全員初心者ということになります。 初心者が誰も助けてくれないネット婚活や婚活パーティーへの参加からスタートするというのはあまりにもリスクが高く、無謀と言えるでしょう。 
例えて言うなら、スキーやスノーボードを初めてやる人が、たった1人で雪山に登って頂上から滑り降りるようなものです。
何度も転びながら長い時間をかけて降りて来られたらまだマシな方で、運が悪ければ大怪我をしたり遭難して帰って来られなくなったりするリスクもあります。大怪我や帰って来られないというのは婚活ではどんな状態にあたるのかというのは、あまり考えたくないものですね。

では、結果を出すために最初に選択すべき出会いの手段は何でしょうか?もうお分かりですよね? 

それはきちんとお世話をしてくれる結婚相談所です!

「結婚相談所で出会うのが一番!」と言っているわけではありません。きちんとお世話をしてくれる結婚相談所を“最初に”選択するのが重要なのです。


婚活のノウハウを身につけよう

きちんとお世話をしてくれる結婚相談所を最初に選択するとどうなるかということを、再度雪山でのスキーに例えると、まずスキースクール等に入ってインストラクターから道具の使い方等の基本的なレクチャーを受け、山に登る前に平らな所や緩い斜面でインストラクターの指導のもと練習をし、十分安全に滑れるようになってからインストラクターと一緒に山頂に行き、インストラクターと一緒に滑り降りて来ます。そして技術が身につけば今度はインストラクターがいなくても転ばずに降りて来られるようになります。
 
つまり、きちんとお世話をしてくれる結婚相談所で最初に婚活のノウハウを修得すれば、無駄な時間を費やすことなく結果が出る可能性が高いですし、たとえそこで結果が出なかったとしてもノウハウがあれば後からネット婚活をしても婚活パーティーに参加しても、うまくいく可能性は高く、リスクは低くなります!


婚活は十人十色

「じゃあ結婚相談所じゃなくても自分で本とか読んでノウハウを身につければいいんじゃないの?」と思う方もいらっしゃるでしょう。

これについてもスキーに例えてご説明したいと思います。
スキーの上達のために本を読む等して勉強することは決して悪いことではありませんし、ある程度上達もするでしょう。しかしインストラクターとマンツーマンのプライベートレッスンを受けたらどうなるでしょうか?
上達の度合いは比較になりません!プライベートレッスンは誰もが同じ決められたプログラムで練習するのではなく、受講者それぞれに合わせて最適な練習をするからです。

結局どんな婚活をすれば結果が出るかというのは人によって違うということです。これをやれば誰でも婚活がうまくいくなんて方法はありません。 このコラムも含め、書籍やブログ等多くの人に向けて書かれたものでお伝え出来るのは、万人向けの誰にでも当てはまるようなことまでです。

ですから自分で勉強して自己流で活動するのは無駄ではありませんが、限界がありますし時間もかかります。そこからやがて婚活疲れの状態になり、疲れから魅力も半減して、何をやっても結果に繋がらず婚活難民になってしまうというのは、最悪ですがよくあるパターンなのです。

まず始めに婚活のプライベートレッスンを受けること。
それが結婚への近道となるでしょう。





菊地 篤史
執筆者:菊地 篤史安心と信頼の結婚相談所 Miel町田~toujours_ensemble~代表 , 東京都
全国結婚相談業教育センター認定仲人士

「結婚相手を紹介するだけの相談所では意味がない」という想いから、成婚させることにこだわる結婚相談所を開業。
そのサポートはアドバイスにとどまらず、性格診断を基にした婚活計画の作成・肉体改造のためのトレーニング指導・コミュニケーション能力向上のためのコーチング・勝負服の買い物同行など多岐に渡る。
どんな人でも“結婚出来る人”にプロデュースする手厚いサポートは、大手には真似の出来ないサービスとして一線を画している。

公式ホームページ:https://www.miel-machida.com/
お問合せ:Tel. 080-7930-0023