ワンランク上を目指すビジネスパーソンのための1UPコラム

トップぺージ > 1UPコラム > これからのホームページ制作、スマートフォン対応どうする?

1UPコラム

これからのホームページ制作、スマートフォン対応どうする?2016/08/23

view 5988
これからのホームページ制作、スマートフォン対応どうする?


スマートフォン対応どうする?

昨年(2015年)、Googleが導入した「モバイル フレンドリー」により
サイトにおけるスマートフォン対応の重要性が一気に高まりました。
それまでは少なかったスマートフォンサイトに関するお問合せも徐々に増加し、
今では当たり前のように対応が求められます。

「スマートフォン対応は具体的にどうしたらいいの?」
「費用をかけずにスマートフォンサイトができないか?」
などこれからスマートフォン対応をしようと考えている方や企業様向けに
スタート前に確認しておくべきポイントをまとめてみました。

スマートフォンに適したサイト

スマートフォン対応がされていないサイトを閲覧した場合、
文字が小さくて読めない、画像の容量が大きく読み込みが遅いなど多くの問題が生じます。
Googleではスマートフォンユーザーに対し快適にサイトを閲覧してもらうため
上記のような問題点を解決したサイトを検索の上位に上がるような仕様にしました。
それが「モバイル フレンドリー」であり、しっかりとスマートフォン対応がなされているかどうかの基準になります。

まずはあなたのサイトが「モバイル フレンドリー」であるかどうか下記のサイトでテストしてみましょう。
○モバイル フレンドリー テスト
https://www.google.com/webmasters/tools/mobile-friendly/

テストの結果はいかがでしたか?
すでに対応済みの場合は「問題ない」と表示されますが、
「モバイル フレンドリーではありません」と表示されてしまった場合はスマートフォンユーザーを取り逃がしている可能性があります。
取り逃がしたくないとお考えの場合はやはり対応を急ぐべきでしょう。


レスポンシブサイトかスマートフォン専用サイトか

スマートフォン対応を実際に行われたクライアントの第一声で多いのが「レスポンシブサイトを作りたい」というものです。
そういった場合、念のため「レスポンシブサイトでよろしいですか?スマートフォン専用サイトを作る方法もありますがいかがですか?」と尋ねるようにしています。
何がどう違うの?と思われると思いますが、明確な違いがあるので注意が必要です。


●レスポンシブサイトとは
画面のサイズによってレイアウト等を変更し、最適な状態で閲覧できるように設定された文字通り柔軟性を持ったサイトです。主にPC、タブレット、スマートフォンでの見え方を調整します。

レスポンシブサイトのメリットは
1.メンテナンスがしやすい
2.統一感がある(ブランディングが容易)
3. スマートフォン専用サイトよりは短期で制作できる

一方デメリットとしては
1.表示される内容は全て同様(端末ごとに内容を切り替えたい場合には向かない)
2.画像のサイズはPCが基準となるため必ずしもスマートフォンに適しているとは言えない
(表示速度が遅くなる)

サイトの更新費用を抑えたい場合にはレスポンシブサイトが向いています。
PCとスマートフォンでターゲット(若者向け等)になるユーザーに差異がない場合にはこちらの方法で対応する方がいいでしょう。


●スマートフォン専用サイトとは
レスポンシブサイトはレイアウト調整で留まるのに対し、スマートフォン専用サイトは
スマートフォンでの見せ方にこだわったデザインを導入することができます。
スマートフォンでPCサイトにアクセスした場合、「スマートフォンサイトに移動しますか?」とういうアラートが出てくるケースがありますが、こいうったケースはスマートフォン専用サイトでの対応となっています。

スマートフォン専用サイトのメリットは
1.PCとスマートフォンで全く違ったデザインにすることができる
2. スマートフォンに特化した内容を表示できる

一方デメリットは
1.メンテナンスにコストや工数が多くかかる
2.制作期間が長くなる
3.PCとスマートフォンで内容に差異が生じる可能性がある

スマートフォンユーザーに使いやすいサイトという意味ではスマートフォン専用サイトが適しています。ターゲットがはっきりしている場合はレスポンシブよりもこちらが向いています。

●まとめ
レスポンシブサイトとスマートフォン専用サイトでそれぞれメリット・デメリットがあります。予算・納期はもとより自社サイトのターゲットを見極め、どちらがより多くのユーザーを獲得できるのか判断する必要があります。
対応が急がれますが、まずは現状分析から始めてみましょう。


※記事内容は2016年8月の執筆時点に即したものです。
 サイト制作の状況は日々急速に変化しますので、その点はご留意ください。


【アクセルメディアへのご依頼】
上記で上げたスマートフォンサイト、レスポンシブサイト共に実績がございます。
ご希望の場合、お問合せ頂ければ実績を紹介させて頂きますので、お気軽にお問合せ下さい。
お問合せ






田中 達也
執筆者:田中 達也株式会社アクセルメディア 取締役
東京都出身

東京デザイン専門学校卒業後、アクセルメディアに入社。
デザインからCMS構築まで総合的に手掛けるWebサイトデザイナーです。
数多くの実績を元にサイト運営に関する基礎知識から実践的なプログラミングまで幅広くお伝えします。

URL:http://axel-media.com/