トップぺージ > 1UPコラム > 「コロナウィルス」と「エガチャンネル」Googleトレンドで検索動向を調べてみた

1UPコラム

「コロナウィルス」と「エガチャンネル」Googleトレンドで検索動向を調べてみた2020/03/12

view 629
「コロナウィルス」と「エガチャンネル」Googleトレンドで検索動向を調べてみた


新型コロナウイルスもいまだ終息の目も見えず相変わらず、連日WEBもTVも「コロナコロナ」で溢れかえっております。

そんな中、不謹慎ながらWEB屋としてはどれくらい「コロナ」と検索されているのだろう、と素朴な疑問が湧いてきます。

そこで、Googleでの検索動向を確認できる「Googleトレンド」で調べてみました。

コロナをGoogleトレンドで調べたグラフ
グラフを見ると1月中旬から上がり始め2月に一端下がるものの、2月の中旬からまた一気に上昇しています。

ここでふと、もう一つここ数ヶ月で非常に話題になっていたものを思い出しました。
「エガチャンネル」です。
タレントの江頭2:50さんがYoutubeのチャンネルを開設し、瞬く間に登録者100万人超えを果たし、現在は185万人となり(※執筆時点)キングコングのカジサックを抜いて芸人ではNo.1の登録者数となりました。

エガちゃんもさぞや急上昇しているだろうと思い、Googleトレンドでチェックしてみました。

江頭をGoogleトレンドで調べたグラフ
思ったとおり、こちらも1月後半から急上昇していました。

どちらもある時を境に急激に検索数が伸びていることがわかりましたが、どちらが総数的には多いのだろうか?
それはコロナの方が多いだろうと予想はつくものの、Googleトレンドではキーワード同士の比較もできますので、比較してみました。

比較したグラフがこちら
コロナと江頭をGoogleトレンドで比較したグラフ


赤の線がコロナで青い線がエガちゃんです。

コロナの前ではエガちゃんの急上昇グラフはもやはまっすぐです。
エガちゃんもYoutubeやネットニュースではだいぶ取り上げられて盛り上がっていましたが、コロナの前では比べるべくもありません。

その他のワードでも色々と比較しましが、コロナのインパクトはすさまじく、それだけ社会に与えた影響が多いのがここからも如実にわかります。

サイトのコンテンツ作成にはGoogleトレンドを使う

さて、今回は「コロナウィルス(コロナ)」と「エガチャンネル(江頭)」をGoogleトレンドで比較してみました。

昨今のサイト運営ではコンテンツを作ることでSEOやWEBマーケティングとする流れがあります。

その際にGoogleトレンドを使って、作ろうとしてしているコンテンツはどの程度検索されているのか、また数多く検索されているワードをしっかり選定してからコンテンツを作るのも良いです。

個人的にもGoogleトレンドは興味深い結果も出てくるので、よく使って参考にしています。
利用も無料ですのでお使いになってみてはいかがでしょうか。

〇Googleトレンド(日本語)
https://trends.google.co.jp/trends/?geo=JP


最後になりますが、新型コロナウィルスに罹患された皆様の一刻も早い回復をお祈りするとともに、このウィルスが一日も早く終息を迎えることを心より願っております。





株式会社アクセルメディア
執筆者:株式会社アクセルメディア 東京都 新宿区
東京・新宿区のWeb制作会社。企業ホームページ制作やポータルサイト構築、ECサイト制作や運営のサポート、WEBシステム開発を行っております。より高い効果を生み出すWebサイト制作をご提供致します。
http://axel-media.com