トップぺージ > 1UPコラム > 70代からの起業~新しいビジネスを見つけるコツは!?

1UPコラム

70代からの起業~新しいビジネスを見つけるコツは!?2020/08/05

view 4985
70代からの起業~新しいビジネスを見つけるコツは!?


 人生100年時代と言われ、定年後をどう働いていくかを考え始めた方や、副業解禁により、転職をしなくてもネットなどでビジネスを始めようとお考えの方もいらっしゃるかもしれません。

 またコロナ禍でビジネスを変化させ、新しいプロジェクトを始めたり、創業をお考えの方もいらっしゃると思います。

 そこで75歳で事業承継アドバイザーとして創業された、野﨑ビジネスサービスの代表 野﨑一彦さんに、「70代からの起業のポイント」を伺い、新しいビジネスを見つけるコツを教えて頂きました。

事業承継アドバイザー創業のきっかけ

 「売り手よし 買い手よし 世間よし」の「三方よし」という近江商人の精神で、地域の特産品を使った酒などの商品開発や、酒の卸販売を長年行ってきました。

 おかげさまで私自身は、昔からよく知っている方にこの事業を承継して頂けることになったのですが、その後、商店を止めたいけれどどうしたらいいのか分からないといった声や、事業承継を考えているのだけど話を聞かせてほしい、と聞かれるようになりました。

そこで「事業承継アドバイザー」として創業し、少しでも地域やまわりのみなさんのお役に立ちたいと思いました。

新しいビジネスを見つけるコツとは

1.長く生きた特権を生かす
 売り手、買い手にとって良い商売というのは分かりやすいと思いますが、「世間良し」というのは少し分かりづらいと思います。ここで言う世間というのは「地域」を始めとする「自分がお世話になった人」にとって良い商売をすることが大事ということです。

 新型コロナウィルスの影響で、リモートワーク等により働く場所が変わったり、住む場所の見直しといったことから、地域が変わる時なのかもしれません。

 「世間良し」を地元の人だけを大事にするととらえるのではなく、縁のある人を大事にする、今までネットワークを組んだ人にとって良い商売をする、と考えることが大切だと思います。そしてお世話になった人がたくさんいるのは長く生きた特権の一つだと思います。

2.必死になって今までにやっていないことを長所やスキルを生かして見つけ出す
 必死になって今までにやっていないことを、自分なりの長所やスキルを生かして、見つけ出すと、何かの道はそれぞれの人にあると思います。

 できれば誰もやったことがないものを見つけると、成功率は高いと思いますが、まっさらでなくてもどこかのヒントを一工夫して、新たな展開をつくると独自の道ができ、何とかなると思います。

3.小さいからこそできることがある
 小さい会社や個人だからこそ、柔軟に対応できることはあると思います。

【さらに】
 私が地域への貢献ということを長年考えてきたことから、もう一つ付け加えさせて頂くと、
私の地元の栃木県小山市は、東京から来られる方に、東京から思っているよりも近いにもかかわらず、緑が豊かで地域社会(コミュニティ)が残っていると言われます。

 誰がどこに住んでいるというのが分かり、困ったときは助け合い、心が通じ合うことはとても価値が高いものです。
 新しいビジネスを見つけるコツが、縁のある人を大事にする、ということにもつながりますが、そこにはコミュニティの豊かさが重要な要素であることを忘れてはならないと思います。


今回お話を伺ったのは
野﨑ビジネスサービス
事業承継アドバイザー・経営アドバイザー
野﨑一彦 氏
https://www.facebook.com/profile.php?id=100037129955607






フレンドリンク 1upコラム編集部
執筆者:フレンドリンク 1upコラム編集部
「1up」コラムはビジネスパーソンにお役に立つ情報を掲載してまいります。

【フレンドリンク異業種交流会について】
フレンドリンク異業種交流会は「ビジネスパーソンの皆さんとって『価値ある出会いの機会を提供する』」ことをミッションに、2001年より異業種交流会を開催しています。
現在は東京、名古屋、大阪、札幌、福岡など全国の主要都市で定期的に開催、また経営者限定、女性限定、士業限定など様々なカテゴリーの交流会を開催、運営しています。
2019年の年間交流会開催数は906回。開催スタートから延べ75000人以上のビジネスパーソンに参加していただいております。
○フレンドリンク異業種交流会 公式サイト
https://friendlink.jp/