トップぺージ > 1UPコラム > 女性が美しく起業するには?モデルプロデュース事業 代表の松橋穂波さんに伺いました

1UPコラム

女性が美しく起業するには?モデルプロデュース事業 代表の松橋穂波さんに伺いました 2021/09/17

view 5046
女性が美しく起業するには?モデルプロデュース事業 代表の松橋穂波さんに伺いました


 女性経営者は少ないという印象を持つ方は多いと思いますが、本当は副業からでも、やりたいことがあって、起業をしてみたい方はいらっしゃると思います。

 そこで平成27年に起業され、モデルキャスティング・マーケティング支援事業をされている、株式会社epi&company代表 松橋 穂波さんに、女性起業・経営のポイントを伺いました!



東日本大震災

 松橋さんは宮城県仙台市で会社経営をしており、大学生の時に東日本大震災にあわれています。

 そして震災時に、着の身着のまま被災するといった経験をし、インフラの復旧作業が整っていったその先の、本当の「復興」をしていくには、現地にいる人たちが自ら行動していく大切さを痛感したということでした。

 また女性にとって気持ちが前向きになるには、メイクやファッションなど外見を整えることも大事で、女性の美しさに関わっていこうと思ったと語られています。



小さな成功体験の積み重ね

 松橋さんの考える美しい女性とは「⾃信のある⼥性」です。

 自信を持つためにはいろいろな手段がありますが、まず手っ取り早いのが、見た目を変えることだと考えました。

 そこで女性たちが、自分磨きをして美しくなって人前に出る自信を持ってもらい、モデルとして広告やファッションショーに出て、実績や周りの評価が伴うことで、より自信を深めてもらいたいと思い、事業を始めたということです。


 また仕事やスポーツで自信がある人は、結果や達成感によって内面から自信が湧くと思うので、例えばダイエットでも仕事で納期に間に合わせるといったことでも、小さな挑戦をしていき、成功体験を積み重ねていくことが、自信になっていくと述べられていました。



納得することを選択できるように

 松橋さんご自身も、大学時代のサークル活動から始まり、松橋さんの所でモデルをしていた方から「人生変わりました!」という言葉をもらったことで背中を押され、少しずつ企業からのオファーを頂いていくという小さな成功体験を積み重ねた結果が、起業や経営につながっているということです。

 またモデルがゴールではなく、その先の人生の選択を見据えて、事務所を「卒業」してどの道に進んだとしても活躍できる人になってほしいと、⼥性へ「挑戦」と「達成」の機会を提供していきたいと思っているそうです。

 そして東北という環境や女性という性別を理由で諦めることがないように、多くの人の背中を押していき、納得してその道に進めるように、そしてその進んだ先が正解だったと言えるようにしたいということでした!




今回教えて頂いたのは

松橋さん画像
株式会社epi&company代表 松橋 穂波さん







フレンドリンク 1upコラム編集部
執筆者:フレンドリンク 1upコラム編集部
「1up」コラムはビジネスパーソンにお役に立つ情報を掲載してまいります。

【フレンドリンク異業種交流会について】
フレンドリンク異業種交流会は「ビジネスパーソンの皆さんとって『価値ある出会いの機会を提供する』」ことをミッションに、2001年より異業種交流会を開催しています。
現在は東京、名古屋、大阪、札幌、福岡など全国の主要都市で定期的に開催、また経営者限定、女性限定、士業限定など様々なカテゴリーの交流会を開催、運営しています。
2019年の年間交流会開催数は906回。開催スタートから延べ75000人以上のビジネスパーソンに参加していただいております。
○フレンドリンク異業種交流会 公式サイト
https://friendlink.jp/

編集部おすすめ記事