トップぺージ > 1UPコラム > 『ないならつくってしまおう!』~子供にピッタリの先生を見つけるために「てとてとて」を起業された若原由依さんに伺いました

1UPコラム

『ないならつくってしまおう!』~子供にピッタリの先生を見つけるために「てとてとて」を起業された若原由依さんに伺いました 2022/10/07

view 7513
『ないならつくってしまおう!』~子供にピッタリの先生を見つけるために「てとてとて」を起業された若原由依さんに伺いました


 「困りごとにビジネスチャンスがある」と、聞いたことがあっても、起業するのに一歩踏み出せない人も、いらっしゃるかもしれません。

 そこで今年4月に、子供と家庭教師を結びつける「てとてとて」を創業されたばかりの、若原由依さんにお話を伺いました!


お前はバカか?と友達に言われた

 若原さんが起業されたきっかけは、息子さんが友達をたたいたり、周りの子に暴言を吐いていて問題になっていると、先生から言われたことだった、ということでした。

 そのことを聞いて驚いて息子さんに問いただしてみると「お前はバカか?と友達に言われた。」と言い、それまで「勉強なんてできなくていいや。」と若原さんが思っていたのは、息子さんにとってどうだったんだろうと、考えさせられたとのことでした。


合う家庭教師を見つけるまでに約2年

 それから若原さんが勉強を教えたり、塾に通わせても思うような結果が出ず、大手の家庭教師会社の料金は高く、地方でピッタリの家庭教師を見つけるのに、苦労されたと話されています。

 そして何とか学年に関係なく、息子さんのペースに合う家庭教師を見つけるまでに、約2年かかり、自分のように困っている方がいるのではないか?と考え、合う家庭教師を見つけるサービスが「ないならつくってしまおう!」と思い、立ち上げたということです。


不登校の子供の支援に向けて

 
 そして驚くことに半年ほどで100人以上の先生が集まり、8割以上はオンラインでの授業ができる先生なので、近くに合う先生がいなくても、オンラインで教えて頂けるそうです。

 さらに不登校の子供の支援に向けても、動き出されているとおっしゃっていました。


お会いできなかった人に会えている

 また起業されてから「このことで、お会いできなかった人に会えている。」と話されています。

 そして「大きなことを言うと」と前置きをされながら、たくさんの子供たちが自分に合う先生をはやく見つけて、勉強して、働ける人になって、税金をおさめ、社会に貢献できるようになってほしいと、おっしゃっていました!


今回お話を伺ったのは

ロゴ
「てとてとて」若原由依さん(ビジネスネーム)
https://tetotetote.net/

「勉強なんてできなくていいや。」と思って子育てをしていたが、息子さんが勉強ができないことで、不安と劣等感を持っていることが分かり、また合う家庭教師を地方で見つけることに苦労したことから、全国の家庭教師を見つけるサービスを、2022年4月に立ち上げる。
また半年ほどで100人以上の先生が集まり、不登校の子供たちへの支援にも動き出されている。









フレンドリンク 1upコラム編集部
執筆者:フレンドリンク 1upコラム編集部
「1up」コラムはビジネスパーソンにお役に立つ情報を掲載してまいります。

【フレンドリンク異業種交流会について】
フレンドリンク異業種交流会は「ビジネスパーソンの皆さんとって『価値ある出会いの機会を提供する』」ことをミッションに、2001年より異業種交流会を開催しています。
現在は東京、名古屋、大阪、札幌、福岡など全国の主要都市で定期的に開催、また経営者限定、女性限定、士業限定など様々なカテゴリーの交流会を開催、運営しています。
2019年の年間交流会開催数は906回。開催スタートから延べ75000人以上のビジネスパーソンに参加していただいております。
○フレンドリンク異業種交流会 公式サイト
https://friendlink.jp/

編集部おすすめ記事