ワンランク上を目指すビジネスパーソンのための1UPコラム

トップぺージ > 1UPコラム > 【仕事術】データのバックアップは常にとっておく-クラウドサービスの活用

1UPコラム

【仕事術】データのバックアップは常にとっておく-クラウドサービスの活用2014/11/25

view 6209
【仕事術】データのバックアップは常にとっておく-クラウドサービスの活用


バックアップは常に心がける

大事なデータを多く扱う人は、しっかりバックアップをとっておかなくてはいけません。

バックアップというのは、何もデータが消えてしまった時のためだけにやるわけではありません。

こんなことは想像したくないですが、あなたが使っているノートパソコンごと落として、なくしてしまうかもしれません。

もちろん個人情報の問題もありそんなことが起きたら大変ですが、中のデータだけでも…という気持ちになることでしょう。

そのため、バックアップはパソコン外部にとっておきましょう。

バックアップにクラウドサービスを活用

もちろんUSBメモリに保存するのもありですが、ここではクラウドへのバックアップをおすすめします。

GoogleドライブやOneDriveなど、さまざまなクラウドのサービスがあります。

クラウドにデータをいれておくと、なくしたときだけではなく、さまざまなメリットがあります。

たとえば、ちょっとだけ出先でデータを見たり編集したりしたいときは、クラウドにあればiPhoneで編集、閲覧が可能です。

自宅で作業の続きを…なんてときも、クラウドにあれば簡単にその作業の続きをできるようになります。

ワードやエクセルなどは、パソコンにそれらのソフトがなくても基本的な編集が可能になっているサービスがあるので、それもあわせて使うととても便利です。

コンピュータやサービスが発展したら、どこにいても仕事ができてしまうことになりました。

便利なのか、プライベートの時間がなくなってしまい問題なのか、難しいところではありますが(苦笑)





フレンドリンク 1upコラム編集部
執筆者:フレンドリンク 1upコラム編集部
「1up」コラムはビジネスパーソンにお役に立つ情報を掲載してまいります。

【フレンドリンク異業種交流会について】
フレンドリンク異業種交流会は「ビジネスパーソンの皆さんとって『価値ある出会いの機会を提供する』」ことをミッションに、2001年より異業種交流会を開催しています。
現在は東京、名古屋、大阪、札幌、福岡など全国の主要都市で定期的に開催、また経営者限定、女性限定、士業限定など様々なカテゴリーの交流会を開催、運営しています。
2015年の年間交流会開催数は737回。開催スタートから延べ60000人以上のビジネスパーソンに参加していただいております。
○フレンドリンク異業種交流会 公式サイト
https://friendlink.jp/