ワンランク上を目指すビジネスパーソンのための1UPコラム

トップぺージ > 1UPコラム > 決算書の読み方[2](経過勘定について)

1UPコラム

決算書の読み方[2](経過勘定について)2017/05/26

view 841
決算書の読み方[2](経過勘定について)


経過勘定は、貸借対照表(BS)に表示されます

前回のコラム(→決算書(BSとPL)の読み方[1])で、決算書のBS,PLの関係について、お話しましたが、今回は「経過勘定」について、ご説明いたします。
経過勘定には、未収入金、前払費用、未払費用、前受収益などがあり、BS(貸借対照表)に表示されます。
経理では通常、決算の時に、まとめて経過勘定を整理してから決算書を作成します。この整理をしないと、誤った利益になってしまうので、うっかり処理を忘れる、というわけにはいきません。

なぜ、経過勘定を計上するのでしょうか?

それは、利益-損益計算書(PL)と関係があります。
前回のコラムで、損益計算書は、ある一定の期間(事業年度)の収益と費用の金額を表示するので、利益が計算しやすいとお話しました。また、BS科目の発生だけでは、利益は変わらないことも触れました。
仮に3月末が事業年度末の会社が、3/31に、3月分及び4月分の家賃2ケ月分を支払った場合の、BS,PLを考えます。
お金は支払っているので、3末のBS(預金残高)は、支払後の残高になります。
一方、PLは、3月までの費用しか計上できません。4月分の家賃を費用(PL)に計上すると、正しい利益よりも少なくなってしまいます。
このため、4月分家賃は一時的に、「前払費用」としてBSの資産の部に表示します。これが経過勘定です。前払費用はBS科目なので、4月分の家賃支払い分は、利益に反映されません。

経過勘定の主な科目

経過勘定の各科目の内容は(3月末決算と仮定)

・前払費用・・・3月までに支払った、4月分以降の費用
→4月分以降の費用は費用になりません。(BS資産の部に表示)

・未払費用・・・3月末までに支払いが確定している費用で、4月以降に支払う分(3/20締の給料で、3/21-31分の給料など(4月支払))
→BS負債の部に表示。また、費用としてPLに計上します。

・未収収益(未収入金)・・・3月末までに売上げや収入の見込みが確定しているが、4月以降の入金になる分(カード売上の収入、未回収の売上など)
→入金がまだでも、BS資産の部に表示。その分の収入はPLに計上します。

・前受収益・・・4月以降の収入だが、3月中に入金になった分(家賃収入など、このケースが多いです)
→入金になっていても、BS負債の部に表示。PLには収入を計上しません。

経過勘定の科目はすべてBSに表示されます。

経過勘定の処理をしなくてよい場合もあります

正確な利益を把握するためには、上記のように、経過勘定を整理する必要があります。
ですが、例えば、火災保険料など、毎年支払っている費用で、支払対象期間が1年以内の分についてまで、全て経過勘定を整理すると、大変煩雑になってしまいます。
そのような費用については、毎年継続して支払った時に費用計上をしてもかまいません(ワン・イヤー・ルールといいます)。
ただし、売上と対応する費用(売上原価など)については、ワン・イヤー・ルールの取扱は認められていないので、経過勘定の計上が必要です。

利益は、納税額に影響します

決算上の利益は、法人税などの税額計算の基になります。ですので、利益の算定は重要です(決算末より2ケ月以内に、法人税などの納税があります)。
経過勘定のうち、未払費用は、利益を減らしたいときに、役に立つことがあります。例えば、決算末までに、修繕工事が完了→費用をPLに計上すれば、利益が減るので納税が減ります。3月末決算の会社で、工事が4/1に完了→費用の計上は来年の決算になってしまいます。資金繰りにも影響してくるのです。

次回、「利益とキャッシュフローについて」で、「決算書」の見方を終了する予定です。






寺崎 直子
執筆者:寺崎 直子寺崎法律会計事務所 代表 , 東京都 千代田区麹町
昭和63年3月に損害保険会社を退職後、結婚。
平成元年に税理士事務所へパートとして勤務のかたわら、税理士試験の勉強を始める。
平成4年に、最終合格し、平成11年、先代の引退に伴い、お客様を一部引継いで
独立開業して、現在に至る。

主人との2人暮らし。趣味は、バードウォッチング。ですが、なかなか時間がとれません。
そんな時は、我が家のおしゃべりインコ(ヨウム)をウォッチングしています。
出勤するときは、「いってらっしゃい」というので、とても可愛いです。
(かまってあげないと言いませんが・・)
色々面白く、時には怒りながら、一緒に暮らしています。