ワンランク上を目指すビジネスパーソンのための1UPコラム

トップぺージ > 1UPコラム > たったの60日間で利益を生み出すマーケティング手法【1】

1UPコラム

たったの60日間で利益を生み出すマーケティング手法【1】2017/08/28

view 1479
たったの60日間で利益を生み出すマーケティング手法【1】


最短最速で事業を拡大させていく為に最も重要なことは何でしょうか?

集客術、セールス術、理論的な経営学などがあるかと思いますが、一概にどれが正しいかというものではありません。

どれが正しいかではなく、あなたのビジネスにおいて、今現在上手くいっていない部分に必要な知識・ノウハウを導入することが最も大切だと言われています。

仮に集客で困っているのであれば、集客を促進させる手法を導入して実際にテストしてみることが大事なことであります。

そこで今回、あなたのビジネスで応用可能な内容を一部お伝えしていきます。


1.あなたが参入すべき市場はどこか?

多くの方は、「1つの商品に対して市場は1つしかない」と考え込まれていますが、実際には・・複数の市場が実在します。

例えば、エアコンを購入する場合、家電量販店やテレビでの通信販売、さらにはインターネットでのネット販売、訪問販売、友人・知人からの紹介による購入手法があります。

複数の購入手法がある理由は、ネットで商品を購入したい人、店舗で店員さんの意見を取り入れながら商品を購入したい人など、様々な考え方を持つお客様がいて、特徴がそれぞれ異なるからです。

つまり、商品が1つであっても、販売する市場は複数ありますので、この中であなたがどこの市場で戦うと利益を出しやすいのかを見定め、そこの市場に参入する事で「認知度」と「信頼度」を高めていく事が重要となります。


2.どこにメッセージを届けていくのか?

「認知度」と「信頼度」をアップさせていく為には、まずは“メッセージ”を発信していく必要があります。

市場に対してメッセージを届けていくときに、やってはいけないことがありますので、ここで紹介したいと思います。

それは、上手く市場にアプローチできない人は、自分を基軸にして、HPを作成してみたり、チラシを配布してみたり、実店舗に営業を仕掛けてみたり・・と、次から次へ手法を変えて色々なところにメッセージを届けようとします。

実際、どのアプローチをとるにしても必ずコストがかかります。

個人事業主や小企業となれば、特に限られた予算内でマーケティング活動を行い、効率的に結果を出していく事が求められることでしょう。

そのときに、アレもコレもと販売戦略を変更していては、1つ1つの媒体に投入できる資金は自ずと小さくなり、認知度が向上する事ができず、結果に結びつけることは非常に困難になってきます。もちろん、信頼度をアップさせることは、至難の業になります。

逆にアプローチが上手い人は、メッセージを届ける市場を1つに絞り込みます。

例えば、新宿区周辺にはインターネット広告を活用してPRしていくと決めれば、広告に集中的に資金と時間を投じていきます。

そして、同じような特徴を持つお客様に対し、繰り返しメッセージを届けていく事で認知度を高め、後の信頼度向上につなげていくことができます。


3.ヒット商品・サービスを生み出すには?

個人・法人に関係なく、ビジネスの現場では自社で企画した商品・サービスを愛するあまり、お客様の想いを軽視しがちなケースがあります。

その結果、リリースした商品・サービスの売上が思うように上がらず、販売中止の事態が発生する事も出てきます。

売れる商品をつくれない最も大きな原因は、商品を企画し作製する前に、お客様がどんな不安・悩み・恐怖・欲求を持っているのか・・を事前にアンケート調査するなりして、リサーチしていないことにあります。

まずはお客様に聞くことが重要ポイントです。

見込客のニーズを聞き出し、それに見合う商品を提供する事で、お客様はそこに価値を感じ、対価として“お金”を支払らいます。

お客様の要望にマッチした商品・サービスを届けることで、単に利益がアップするだけでなく、お客様に喜ばれながら、口コミでさらなる購入者を増やすこともできます。

そのために、まずやるべきことは“お客様にヒアリングする”こと、これに尽きるでしょう。


今回、紹介しました内容は個人事業主や中小企業の『バイブル』として今後も活用できる効果実証済みのノウハウです。

さらに、すでに1000社以上が実践されているもので、あなたのビジネスに「どう生かすか?」で売上も利益も右肩上がりにし続けることも可能となりますので、ぜひとも試してみて下さい。






小林 大樹
執筆者:小林 大樹コンパクトツリー代表 元自衛官ライター , 東京都
長崎大学を卒業後、陸上自衛隊に入隊。自衛隊に在籍中に合格率4%程度の国家資格『気象予報士』の資格を取得。民間気象会社・Webマーケティング会社でのライター業務を経て、
「人脈ゼロ」「貧乏」「少ない実績」の状態から起業し新規集客に成功。