トップぺージ > 1UPコラム > 自宅で開業・副業のハードルが下がった!?オンライン料理レッスンを体験しました!

1UPコラム

自宅で開業・副業のハードルが下がった!?オンライン料理レッスンを体験しました!2021/02/18

view 445
自宅で開業・副業のハードルが下がった!?オンライン料理レッスンを体験しました!


 「最近、自分のために料理をするようになりました。」とフレンドリンク異業種交流会に参加されていた20代の男性の方からお聞きしましたが、おうち時間が多くなり自炊する人は増えていると思います。

でも献立がマンネリになったり、レシピサイトを見てもつくれるのか心配になったり、また家ではあまりつくらない外国の料理をたまには食べたくなる方もいらっしゃると思います。

 そこで「ABCクッキングスタジオ」という料理教室のオンラインレッスンで韓国料理を習ったので、まとめてみたいと思います!


また作りやすいかも

 ABCクッキングスタジオでは通常の教室では1人~5人程の生徒さんが1人の先生に教えて頂く形式で、食材はそのレッスンの人数に合わせて事前に準備・計量されています。

 しかしオンライン授業の場合は、食材表を見て自分で買いに行かなくてはならず、あまり普段は買わない調味料もありましたが、近所のスーパーでほとんどのものはそろい、代用できるものも書かれてありました。

 また計量もレッスン開始の30分前から始めてみましたが、私は慣れていなかったので授業が始まる直前になってしまい少し焦りました…でも用意や計量を自分でやると、先生がいなくても作るようになるかも?と思います。


カメラ位置

 ZOOMをつないでレッスンに入ると、栃木県の先生と茨城県の男性の生徒さんがもうすでに入っていました。
 今回の作っていくのは「チーズタッカルビ」と「ビビンパ」「卵と海苔のスープ」です。

 先生から「まず切り物からやってみましょう」と言われ玉ねぎを切り始めましたが、始まって最初に気になったのはパソコンのカメラ位置でした。最初は自分の上半身しか映っていなかったので、手元を先生に見える位置に変えてみました。

 そして一つ一つ「終わりました!」と言いながら進んでいきましたが、でもついつい話をしていたら、いつのまにか肉が焦げてしまいました…

 もう一人の生徒さんが「焦げてきました!」と声をかけてくれたので私も気づきましたが、火加減は教室とは違うので、鍋の中など先生がカメラから見えない所をもっと伝えるようにした方がいいと思いました。


自宅での開業・副業

 しかし全国の先生や生徒さんと話をしながらレッスンができるのは、普段のレッスン以上に楽しく感じました。

 そして焦がしてしまったので、実はもう一回リベンジで受講したのですが、(ちなみに今オンライン講座を受けるとポイントをたくさんもらえる、ということもあったので!)今度は先生に、より細かく状態をお伝えするようにしたところ、失敗せずにつくることができました…

 また教えてもらいながら先生がおっしゃっていたのですが、料理教室を開くとなると今までは備品などをそろえなくてはならなかったのが、オンライン授業ではそうしたことをしなくて済むということでした。
これから家にいながらの開業・副業が増えていくかもしれませんネ!






フレンドリンク 1upコラム編集部
執筆者:フレンドリンク 1upコラム編集部
「1up」コラムはビジネスパーソンにお役に立つ情報を掲載してまいります。

【フレンドリンク異業種交流会について】
フレンドリンク異業種交流会は「ビジネスパーソンの皆さんとって『価値ある出会いの機会を提供する』」ことをミッションに、2001年より異業種交流会を開催しています。
現在は東京、名古屋、大阪、札幌、福岡など全国の主要都市で定期的に開催、また経営者限定、女性限定、士業限定など様々なカテゴリーの交流会を開催、運営しています。
2019年の年間交流会開催数は906回。開催スタートから延べ75000人以上のビジネスパーソンに参加していただいております。
○フレンドリンク異業種交流会 公式サイト
https://friendlink.jp/