トップぺージ > 1UPコラム > 経験者に聞く『いつが独立してフリーランスになるタイミングか』

1UPコラム

経験者に聞く『いつが独立してフリーランスになるタイミングか』2020/05/21

view 178
経験者に聞く『いつが独立してフリーランスになるタイミングか』


フリーランスになるタイミングはいつ?

 この数年、企業が副業を認める傾向が強くなり、副業を成長させることで独立しフリーランスになりたいと思う人が増えているようです。

会社勤めから独立(フリーランス)するタイミングはいつが良いのか?
独立したい人であれば、誰しもが持つ課題です。

資金はもちろん、自分のスキル、独立後の顧客、困ったときのパートナーなど準備しておかなくていけないことは山のようにあります。

しかし、どこまでやれば「準備万端」なのか。その判断は非常に難しいものです。
むしろ、人それぞれなのでいつが正解なのかは無いと言えます。
とはいえ、自分の判断が正しいのか不安になることでしょう。

そういうときは「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」という言葉に従い、先輩フリーランサーに聞いてみたいと思います。

ライターとしてフリーランスになった方の体験談

 2年前にフリーのライターとして独立を果たしました。
以前はサラリーマンとして、雑誌の編集業務の傍らでライターをしていました。
フリーランスを目指し始めたのは、サラリーマンとして編集の業務に関わるようになってからのことです。
ライターはフリーランスとして働いている人は多いですが、実際にライターとして食べていけるのは一握りの人だけです。
 フリーランスとして食べていくには、サラリーマン時代の人脈だけに頼っていては難しいのが現実です。
自分自身のスキルを周囲に売り込むことが出来たり、新規で仕事を獲ってくるバイタリティが必須だと思います。
もし仮に自分で仕事を選び、獲得することが出来なければ食べていくのは難しいでしょう。
また、与えられた仕事をこなしていく位であれば、フリーランスになってもサラリーマンと何ら変わりはありません。
サラリーマンであれば与えられた仕事をこなしていれば給料が貰えますが、フリーランスになれば保証はなにもありません。

 フリーランスになったら仕事イコール収入という構図が鮮明になります。
クライアントが求めるクオリティを提供できなければ、「次」はありません。
会社を辞めてフリーランスになるタイミングは、誰もが迷うものです。
フリーランスになる登竜門のようなものです。
それぞれのフリーランスには、それぞれのタイミングがありますが、はっきりとした正解はありません。
フリーランスになった私自身の経験からいうと、思ったときが「その時」です。

フリーランス関連記事

フリーランスとしてやっていくために大事な4つのこと
フリーランスとしての心構え~えり好みはしない~






フレンドリンク 1upコラム編集部
執筆者:フレンドリンク 1upコラム編集部
「1up」コラムはビジネスパーソンにお役に立つ情報を掲載してまいります。

【フレンドリンク異業種交流会について】
フレンドリンク異業種交流会は「ビジネスパーソンの皆さんとって『価値ある出会いの機会を提供する』」ことをミッションに、2001年より異業種交流会を開催しています。
現在は東京、名古屋、大阪、札幌、福岡など全国の主要都市で定期的に開催、また経営者限定、女性限定、士業限定など様々なカテゴリーの交流会を開催、運営しています。
2019年の年間交流会開催数は906回。開催スタートから延べ75000人以上のビジネスパーソンに参加していただいております。
○フレンドリンク異業種交流会 公式サイト
https://friendlink.jp/