ワンランク上を目指すビジネスパーソンのための1UPコラム

トップぺージ > 1UPコラム > 『戦力外通告』プロ野球だけではない現実

1UPコラム

『戦力外通告』プロ野球だけではない現実2016/10/26

view 4980
『戦力外通告』プロ野球だけではない現実


この時期、
華やかなドラフト1位選手のインタビューや、
ペナントを制し、日本シリーズで大活躍するスター選手たちや、
大幅年俸UP選手の記事にかくれて、
戦力外通告という、
ドキッとする文字が飛び込む。
プロの世界は厳しい!

しかし、
中小、零細企業、自営業はもっと厳しい!!
もっと、
もっと、
もっと、厳しい!!通帳が0になれば、会社は無くなる。

私も、
戦力外通告を遠まわしに、たくさんしてきました。
よかったと思う。
余裕がないのに雇用はできない。
会社の存続こそが、答えであって最優先だ。
その結果、
今があると思うから、
小さな会社は、
ヒト、モノ、カネ、情報、サービス、すべてを最初から手に出来ない。
何かを、
捨てないと得れないものがある。
どんなにもがき苦しんでも、
JALみたいに、公的資金を注入してはくれない。
これが現実だ。まだまだ、公平ではない。
いや、
違う。
鬼にならなければ、なんにも掴めない。

それが嫌なら、
社員も経営者も、大手有名企業に就職すればよい。
JALみたいに、国が助けてくれるかもしれない。
企業の器量と経営の理想は、
かけだしの会社にとって、
簡単に手に届くものではない。こ
れは、経験からしかわからない。
たくさん冷や汗をかいて、失敗から学ぶのだ。

できない者に、
結果を出せない者に、       
もっともっと頑張れといい続けるのも苦しい。
できない者をおだてほめて使うにも、限界がある。
彼にとっても、
ここでは結果がでなくとも、
無理なのだから、合わないことだってあるのだから、
新しい選択の中で、輝けることができるなら、
私の通告は厳しくない。

ベンチャーと言われる企業群がある。
一見、華やかであるが、
すさまじい離職率である。
会社は、有名になればなるほど、
優秀な人材に事欠かない。
大きくなることを望むなら、
社員も、経営者も覚悟がいる。
テンプラスは、
コツコツと頑張ります。






保 喜博
執筆者:保 喜博株式会社テンプラス 代表取締役

はじめまして、テンプラスの保喜博(たもつ よしひろ)です。
東京、名古屋、福岡、沖縄の「フレンドリンク」でお会いした方もたくさんおられると思います。
お蔭様でフレンドリンクで交流会を主催し始めて16年目、株式会社テンプラスも19期目に突入しました。(2018年現在)
いつもありがとうございます。皆様には感謝しております。
そこで、交流会15年!会社経営18年!のキャリア?を活かして、起業と会社経営について、思うところをビシバシ書いていこう思います。

私は、大阪港区で100年つづく米穀商の3代目です。大学を卒業し、大手の総合小売業に就職しました。愛社精神の塊で、24時間365日走り続けた10年でした。仕事が楽しくて楽しくて、明るく元気な最高のサラリーマン時代を全国で過ごしました。
しかしながら、その会社の経営難もあり、退社をして大阪に帰りました。久しぶりに大阪の街を歩いてみると、商店街の2代目3代目の商店主は疲れきっているし、お店のシャッターがどんどん閉まっていくのを目の当たりにし、「この状況を何とかできないかな」と感じ、テンプラスを18年前に創業しました。

経営理念であります、ジモト還元!チイキ貢献!ビジネスをモットーに単純に儲けることだけを考えるのではなく、地域社会にどのような貢献ができるかという視点で、サービスをつくっています。
創業20年に向け、やはりテンプラスは、果敢に新しいビジネスにチャレンジしていきます。
コラムでも、よろしくお願い致します。

株式会社テンプラス
URL: http://tenplus.co.jp